心に描かれる言葉や風景、日々の想いを綴ります。
by marron_m_1015
プロフィールを見る
画像一覧
slowsnow■縫い・編み・織り
メモ帳
カテゴリ
全体
家族
手織り
手編み
手縫い
暮らし
未分類
フォロー中のブログ
A's Kitchen+++
暮らしの中のアトリエ
僕の中にあるノート
そらくも農場
最新の記事
北杜市白州町・大泉町・長坂町へ
at 2018-09-19 14:56
甲府市、北杜市小淵沢町へ
at 2018-09-15 17:05
とある週のマロン
at 2018-09-15 16:47
マロンとクッション
at 2018-09-15 16:42
甲府市・甲斐市、北杜市白州町へ
at 2018-09-15 16:18
最新のコメント
フランママさま、こんにち..
by marron_m_1015 at 11:02
お久しぶりです♪ 毎日..
by フランママ at 18:57
フラチロママさま、お久し..
by marron_m_1015 at 15:59
お久しぶりです! (*..
by フラチロママ at 19:11
フラチロママさま、こんば..
by marron_m_1015 at 23:20
だんだん日向ぼっこが出来..
by フラチロママ at 19:08
フラチロママさん、おはよ..
by marron_m_1015 at 09:22
マロンちゃん お誕生日..
by フラチロママ at 19:27
フラチロママさま、おはよ..
by marron_m_1015 at 09:04
マロンちゃん 爪が治っ..
by フラチロママ at 07:35
以前の記事
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
北杜市大泉町・白州町・小..
from 続 暮らしの中のアトリエ
北杜市高根町・白州町・小..
from 続 暮らしの中のアトリエ
北杜市高根町・白州町・小..
from 続 暮らしの中のアトリエ
山梨そして長野へ
from 続 暮らしの中のアトリエ
山梨そして長野へ
from 続 暮らしの中のアトリエ
鎌倉へ
from 続 暮らしの中のアトリエ
続 桜の季節
from 続 暮らしの中のアトリエ
ブログジャンル
日々の出来事
犬
画像一覧

父とマロン

こんにちは。
表題の父とマロンについてのお話です。

1月21(月)・22日(火)は用事があり、東京・実家に行く予定でした。
ひとりで行くか、みんな行くか考えていましたが、行くのをやめることも考えていました。

実は17日(木)のお散歩中からマロンが何かを痛がるようになり、通院していました。
17日(木)夜は触診・鎮痛剤皮下注射、18日(金)夜はレントゲン検査、
19日(土)午後は半日預かりでレントゲン・エコー・CT検査、夜にお迎えで鎮痛薬処方、
そして24日(木)朝は触診・鎮痛薬処方、さらに4月にまたレントゲン検査を受診することに
なっています。

結局のところハッキリとした原因はわからず、ただいろいろな検査の中で、
多少の内臓疾患が予想されるとのことで、出来れば安静にとのことでした。

そんな中で19日(土)の半日預かり以降は痛がる様子を見せず、
いつもと変わらない元気なマロンですが、これからは今まで以上にマロンの様子をよく見て、
無理をさせないようにしたいと思います。

そんなこともあり、21日(月)・22日(火)の東京・実家へ行くことをやめて、
マロンとずっと一緒にいようと思っていましたが、
19日(土)午後の半日預かりのあと帰宅してマロンのことを心配していたところ、
母から電話があり、父が今日入院することになったとのことでした。

母の話を聞くと偶然なのか、
マロンが体調を崩し始めた17日(木)頃から父も体調が優れなくなり、
検査に通院していましたが、19日(土)の検査のあとにそのまま入院となりました。

マロンのこともあり、東京へ行くのをやめようと思っていましたが、
21日(月)・22日(火)とダンナさまが連休を取り、マロンとずっと一緒にいてくれるとのことで、
ひとり東京に行くことにしました。

20日(日)に電車のチケットを用意したり、指定席を確保したり、
21日(月)に東京へ到着後、用事を済ませて、副都心線・北参道駅から病院に向かいました。

父の顔は少しだけ元気そうにも見えましたが、45分くらい話をしたあとに検査に呼ばれて、
私も次の用事があったのでそのまま病院をあとにて小田急線・南新宿駅から
実家に向かいました。

そのあと用事を済ませたあとに実家に帰宅、父のことで母も疲れていたのにも関わらず、
いつものように食事を用意していてくれました。

翌日22日(火)も朝から出掛けて用事を済ませて、一度実家に帰宅、
そこから母と一緒に病院に出掛けました。

この日の父の顔は天井を見ながらも、どこか遠くを見つめるかのようにボーッとしていて
とても心配になりました。
この日も午前中から長い検査などがあり、疲れてしまったみたいです。
私や母と話しているうちに表情が少し元気になりました。
ゆっくり1時間40分ほど一緒に過ごしたあと、私は帰りの電車もあり、
病院をあとにして、山手線・代々木駅から自宅への帰路に着きました。

そのあとからは姉も会社を休んだり、半休したり、会社帰りに立ち寄ったりとしてくれて、
父はもちろん、母も私も気持ち的にもとても助かりました。

24日(木)はマロンの通院もありましたが、それでもずっと両親のそばにいた方が
よかったのでは?と葛藤しつつ、28日(月)はみんなで東京を訪れることにしました。

28日(月)朝、自宅を出発、笹子トンネルは対面通行をしていましたが、
心配でずっと一般道で東京へ訪れました。

途中、道の駅甲斐大和で休憩しつつ、お散歩しました。


a0291132_1244172.jpg
                      道の駅甲斐大和上空

a0291132_1245110.jpg
                    まだこの辺りは多く雪が残って


3~4年前に一度一般道で東京・実家を訪れましたが、久しぶりに訪れて、
やはり遠い…そして多少の山道、自家用車では乗り物酔い止め薬は飲みませんが、
この日は飲んでおいた方がよかったかなというような、そこまでではありませんが、
頭痛と目眩がありました。

途中、八王子で友人のお家を訪ねましたがお留守、
そのまま近くの道の駅八王子滝山で休憩とランチをして、また出発しました。

当初、私たちはもちろん、マロンの気分転換に東京・下町辺りを散策、
病院で母と姉と待ち合わせ、母と一緒に帰り実家に送り届ける予定でしたが、
思った以上に一般道で来て時間が掛かったので、実家に近いパン屋さんにだけ立ち寄り、
実家に向かい、マロンを少しお散歩させて、母との再会を分かち合ってから
一緒に病院を訪れました。


a0291132_1245981.jpg
                        パン屋さん

a0291132_125943.jpg
                         uneclef


病院に到着後、1時間くらいしてお仕事帰りの姉が来て、しばらくしてから
今までの検査結果説明を担当Drからお話を伺いました。

2時間ほど病院で過ごし、途中ダンナさまは車でお留守番していてくれている
マロンの様子を見に行ったてくれたりしながら、もう少しいるという姉を残して、
病院をあとにしました。

実家に母を送り届けたあと、程ほどに疲れ果てている私たちは、調布ICから大月ICまでは
中央道で帰ることにしました。

途中、談合坂SAでみんなで食事をし、寒い中ではありましたが、お散歩も少ししました。
そして混雑している時間ではないからと、そのまま自宅最寄ICまで中央道で帰宅、
22時30分すぎに帰宅しました。


父の病名については伏せておきますが、食事を摂ることは問題ないはずなのですが、
入院する少し前から入院以降もほとんど食事をとることが出来ていません。

ほぼ普通食でしたが、あまるにも食べられず、入院5日目から喉越しがいいものをと、
重湯にスープにお茶、そしてジュース2種類、それでも一進一退を繰り返すように、
重湯とスープを5割、8割ほど食べられたかと思ったら、スープのみだったり…
固形物はもちろん、液体状でも嘔吐してしまう状態でした。

そんな父ですが、本日無事に退院しました。
病気の治療は完了、ただいろいろな検査の中でまだ気になることもあり、
これからも通院治療をします。

もちろん食事面も気になり、そんなお世話をする母の負担も気になりますが、
きっと自宅に帰宅して父もホッとしていることと思います。

今回、父とマロンのことがあり、そして誰もが気になるものを抱えつつ通院しながら
日々を過ごしていますが、健康であることの有難さをまたあらためて実感しました。

大切な家族に起こる出来事は、家族全体の問題になり、
家族の支えによってまた元気になれることが本当にいいことだと思います。
[PR]
by marron_m_1015 | 2013-02-02 12:34 | 家族 | Comments(0)