人気ブログランキング |

心に描かれる言葉や風景、日々の想いを綴ります。
by marron_m_1015
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
slowsnow■縫い・編み・織り
メモ帳
カテゴリ
全体
家族
手織り
手編み
手縫い
暮らし
未分類
フォロー中のブログ
A's Kitchen+++
暮らしの中のアトリエ
僕の中にあるノート
そらくも農場
最新の記事
「続 暮らしに中のアトリエ」..
at 2019-01-17 19:46
北杜市小淵沢町、長野県諏訪郡..
at 2019-01-17 18:11
とある週のマロン
at 2019-01-17 17:25
北杜市長坂町・白州町・小淵沢町へ
at 2019-01-10 18:02
とある週のマロン
at 2018-12-28 16:49
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
北杜市大泉町・白州町・小..
from 続 暮らしの中のアトリエ
北杜市高根町・白州町・小..
from 続 暮らしの中のアトリエ
北杜市高根町・白州町・小..
from 続 暮らしの中のアトリエ
山梨そして長野へ
from 続 暮らしの中のアトリエ
山梨そして長野へ
from 続 暮らしの中のアトリエ
鎌倉へ
from 続 暮らしの中のアトリエ
続 桜の季節
from 続 暮らしの中のアトリエ
その他のジャンル
ブログジャンル
日々の出来事
犬
画像一覧

<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

東京へ

こんにちは。
12月18日(月)・19日(火)はひとり東京・実家を訪れました。

当初の予定は12月2日(土)から2泊または3泊で訪れる予定でしたが、
11月下旬にマロンの病気が見つかり、緊急手術となり、延期していました。

3日(日)は室蘭の友人夫妻と川崎の友人と札幌での再会以来、
6年ぶりに東京での再会予定でしたが叶いませんでした。

14日(木)にマロンの包帯が取れて、今回の件での通院は一旦終了となり、
けれどまだマロンをひとりでお留守番させるのは心配で、
東京行きをどうしようかと考えていました。

すると実家勤務の夫からの提案で、18日(月)はおやすみで誰もいないので、
マロンを連れて休日出勤して、翌19日(火)におやすみを取るとのこと、
夫が2日間マロンと一緒にいてくれるとのことで、
パタパタにはなりますが、1泊2日で東京を訪れることにしました。

18日(月)朝はマロンと夫に小淵沢駅まで送ってもらい私は東京へ、
マロンと夫は仕事へ向かいつつ、途中少しお散歩をしてから出勤しました。

朝ということもあり、特急ではウトウトうたた寝して、
乗りもの酔いもなく、けれど最初少し寒くて、足先も冷たくなり、
新宿に着いてから、アンスタンドで温かいお汁粉をいただきました。


a0291132_17375690.jpeg
TORAYA CAFE AN STAND

a0291132_17381701.jpeg
あんペースト葛汁粉と白玉餅


TORAYA CAFE AN STANDをあとにして、
ふたつほど用事を済ませてから軽いランチにしました。


a0291132_17383955.jpeg
新宿の空模様

a0291132_17393749.jpeg
ウインドウはクリスマスディスプレイ

a0291132_17395697.jpeg
温かいスープとフォカッチャと


新宿をあとにして、御茶ノ水を訪れました。
カフェに立ち寄り、ほんのひとやすみしてから用事の場所を訪れました。

御茶ノ水をあとにしたのは18時30分頃、
行きはJR御茶ノ水駅を利用しましたが、帰りは千代田線新御茶ノ水駅へ、
表参道に寄り道しました。


a0291132_18093323.jpeg
新御茶ノ水駅


表参道に到着、少し疲れてお腹も空いて、最初にひとやすみ、
Call 家と庭を訪れました。


a0291132_18095573.jpeg
この時間は人も少なく静かで

a0291132_18101123.jpeg
窓の外はすっかり夜の景色に

a0291132_18104389.jpeg
早く実家に行かないとと思いつつ

a0291132_18105851.jpeg
寄り道して

a0291132_18111646.jpeg
ハーフサラダ

a0291132_18112906.jpeg
ドライフルーツとナッツのセミフレッド&ハーブティー


Callをあとにして、表参道のイルミネーションを楽しみました。


a0291132_18294681.jpeg
a0291132_18311522.jpeg
a0291132_18320339.jpeg
a0291132_18323604.jpeg
a0291132_18325882.jpeg
a0291132_18331508.jpeg
a0291132_18334303.jpeg
a0291132_18340436.jpeg

表参道をあとにして実家を訪れました。
21時頃に到着して、父はいつものように早めに就寝、
母には年賀状の宛名書きを頼まれたり、話をしたり、翌2時頃に就寝しました。

夜に夫から送られてきたマロンの写真です。


a0291132_17401036.jpeg
夫の仕事場にて
マロン「ここどこですか?」

a0291132_17402301.jpeg
自宅にて
帰宅してもなぜかコットの中に

a0291132_17403902.jpeg
いつ帰って来るの?

a0291132_17405281.jpeg
まだ帰って来ないの?


マロン、明日帰るから待っててね。



19日(火)は実家をお昼前に出発、
吉祥寺でふたつ用事を済ませたあとはタイムリミット、
残りの用事はまた今度にして立川に移動、軽めのランチをしました。


a0291132_18343427.jpeg
soup stock set
ひとつはデザートスープのチェに
温かいほうじ茶チャイも


立川での用事を済ませて、山梨への帰宅の途へ。
30分後の電車に乗ろうとしてパタパタしていたので写真が上手く撮れませんでした。


a0291132_18345029.jpeg
クリスマスツリーイルミネーション


19時40分頃に小淵沢駅に到着、
乗車15分で乗り物酔いになってしまい、残り1時間30分をひたすら耐え抜き、
乗車前に買ったカフェラテもひと口も飲めないままでした。

小淵沢駅ではマロンと夫が迎えに来てくれて、
マロンは大歓迎で迎えてくれました。

帰宅後のマロンはやっぱりコットの中でくつろいでいました。


a0291132_18351572.jpeg
マロン、ただいま
お留守番ありがとうね

a0291132_18353392.jpeg
やっとみんなが揃って安心ネムネムマロン

a0291132_18355044.jpeg
あぁ、もうダメ

a0291132_18360875.jpeg
でももう少し遊びたい気もするけど

a0291132_18362450.jpeg
よし、遊ぼう!

a0291132_18363952.jpeg
でもやっぱりダメ

a0291132_18370780.jpeg
もう眠るね


東京では両親と、山梨ではマロンと夫と、
家族で過ごす時間はやっぱり大切にしたいと思います。

by marron_m_1015 | 2017-12-28 20:02 | 家族

とある週のマロン

こんにちは。
とある週のマロンの様子です。


12月12日(火)
a0291132_17004346.jpeg
クッションから首を垂らしてお昼寝


12月13日(水)
a0291132_17015136.jpeg
ウトウト、ウトウト

a0291132_17031537.jpeg
お昼寝しようかな

a0291132_17033038.jpeg
かご、出来たの?すごいね

a0291132_17034415.jpeg
マロンはお昼寝の続きをするね


12月14日(木)

11月20日(月)病気発見、27日(月)術前検査、28日(火)手術、
29日(水)・12月2日(土)・7日(木)、そして14日(木)経過観察、
この日は包帯を取ることが出来ました。

a0291132_17040574.jpeg
通院あとに信玄堤公園をお散歩

a0291132_17042386.jpeg
2週間以上ぶりのお散歩

a0291132_17044402.jpeg
マロン、よくがんばったね

a0291132_17060370.jpeg
帰宅後は手脚を伸ばしてお昼寝

a0291132_17063485.jpeg
大きなあくび

a0291132_17064808.jpeg
ふぅーと眠りに入る前のため息

a0291132_17073737.jpeg
何故かペロッ?

a0291132_17075738.jpeg
何見てるの?とマロン

a0291132_17081328.jpeg
お昼寝から目覚めたけれど、ボーッとマロン

a0291132_17082628.jpeg
お昼寝の続きはおひざの上で


12月15日(金)
a0291132_17095493.jpeg
お日さまとストーブのポカポカダブル

a0291132_17103943.jpeg
冬のポカポカ、気持ちいいよね


12月16日(土)
a0291132_17110175.jpeg
ラグとクッション、ブランケットの2枚使い

a0291132_17113370.jpeg
ブランケット3枚使い

a0291132_17114893.jpeg
いろんな場所できままにお昼寝

a0291132_17120550.jpeg
ストーブと仲よし


12月17日(日)
a0291132_17124495.jpeg
ソファから首を垂らしてお昼寝






by marron_m_1015 | 2017-12-28 17:27 | 家族

北杜市小淵沢町・長坂町へ

こんにちは。
12月11日(月)のおやすみの日のお話です。

この日は午前中は小淵沢町へ、午後夕方は長坂町を訪れました。
午前中は道の駅こぶちざわとCercleで日常のお買いものしました。

マロン術後13日目、まだ包帯も取れていないので、
お散歩はドクターストップのままですが、森の中を抱っこお散歩もしました。


a0291132_16010291.jpeg
マロンと私と
森の中を抱っこお散歩

a0291132_16011563.jpeg
風が少し冷たいね

a0291132_16014004.jpeg
マロン、寒くない?

a0291132_16022303.jpeg
アカマツの森の中


お昼には自宅へ戻り、ランチを済ませて、
夫は薪割り、私はお家の中のいろいろを済ませました。

夕方は長坂町へ、用事をひとつと日常のお買いものも済ませました。

これからはいつものように元気いっぱいに、
長い時間のお散歩は出来ないかも知れないけれど、
いろいろ工夫して楽しいお散歩が出来るようにしたいと思います。

マロン、早くお散歩が出来るようになるといいね。



by marron_m_1015 | 2017-12-14 16:14 | 家族

マロン緊急手術

こんにちは。

11月27日(月)のおやすみの日のお話…ですが、
前週20日(月)のおやすみの日のお話から続きます。


■11月20日(月)10時40分・17時通院

この日はおやすみでマロンの通院、
10時40分に爪切り&肛門腺処置の予約をしていました。

昨年末に甲斐市から北杜市に引っ越しましたが、
病院は元の甲斐市の病院を訪れています。

片道1時間弱かかりますが、
マロンが先生が大好きなのと、私たちも信頼している先生なので、
出来る限りこちらの病院に通うことにしています。

マロンが我が家の家族になったとき、違う病院を訪れていました。
仔犬の頃ならではの通院、それ以外にもマロンは両耳の被毛が抜けてしまい、
前側は縁の被毛はなく、後側は上半分の被毛がない状態でした。

その際に、このシャンプーを使うといい、この薬を一生飲み続ければいい、
そんな診断をされていました。

さらにその頃に避妊手術のことも考えていて、そのことを相談すると、
高額な手術費用と長い入院日数を提示されました。

何となく心配、不信な気持ちも持つようになり、
お耳のことを診察してもらいつつ、避妊手術のことを相談するために、
セカンドオピニオンを探すことにしました。

いろいろな病院を自分たちで調べたり、
お散歩時に出会ったわんこの飼い主さんにお話を伺いました。

最初に訪れたセカンドオピニオン病院では、
マロンのお耳の診断はサプリメントを飲み続けるようにということでした。
また先生の応対に対して少し気になるところがありました。

次に訪れた病院では、マロンのお耳の診断は内服薬でも外用薬でもなく、
とあるものを使った日常のお耳のお手入れでした。
しばらくしてのことですが、お耳の被毛は前後ろ側とも綺麗に伸びてきました。

また避妊手術の相談内容も納得いくもので、
手術費用はもちろん、入院日数もわんこたちに応じて、
術後の経過がよかったり、お家や家族と過ごす方がいいと判断すれば、
早めに帰宅させるとのことでした。

また先生の診断は冷静で説明もしっかりしてくださり、
応対に対してとても信頼感を持ち、これからはこの病院にお世話になろうと、
その後のお耳の通院や避妊手術、今に至るまでお世話になっています。

余談にはなりますが、ご夫婦で獣医師であるこちらの病院ですが、
マロンが避妊手術の頃に、奥さまは出産・育児休暇に入るとのことでした。
全身麻酔などをする手術の場合にはふたりで立ち会うようにしていて、
ほかの病院の先生に立ち会いをお願いすることになっていました。
通常、午前・午後の診察時間の間、12時から16時の間に手術を行い、
マロンのときもそのような予定でしたが、ほかの病院の先生に緊急手術が入り、
急遽夜に手術することになりました。

その日は2010年2月15日(月)、マロン1歳4か月のとき、
18時30分頃に病院を訪れ、マロンを預けてきました。
手術は1時間ほどとのこと、終わり次第連絡をくださるとのことでした。
先生は午後の19時までの診察を終えて、20時頃に手術が始まり、
21時30分頃に無事手術が終わったとの連絡をくださいました。
そしてすでに麻酔から覚めていて、鳴いて?泣いて?いるので、
術後の経過がよければ明日午前中にお迎えでもいいとのことでした。

翌日夫は仕事なのでひとりで歩いてお迎えに行きました。
先生は術後の経過がもよく、真夜中に診に行ったときはしっぽを振っていて、
今朝のご飯もしっかり食べましたとのこと、
手術、そして病院というお家でない場所で精神的に食べれないなど、
いろいろな症状が出てしまうコがいるとのことでしたが、
マロンを連れてきてくださり、私に会うとマロンは興奮して激しく動き、
傷の痛みかキャン!と鳴き、そのあとは安静にしながら帰宅の途に着きました。

「続 暮らしの中のアトリエ」の前のブログ、
「暮らしの中のアトリエ」より、マロンの避妊手術についての投稿


マロンと私たちと先生の出会いについて長くなってしまいましたが、
この日は信玄堤公園でのお散歩を終えて、
普通に予約通りの爪切り&肛門腺処置のつもりで病院を訪れましたが、
急な展開になってしまいました。

前週か前々週の終わりに、お散歩から帰宅して足を洗って拭いているときか、
マロンにマッサージをしているときか、ふと「これ何だろう?」と
思うことがありました。
その日仕事から帰宅した夫に相談すると、
ちょうど爪切り&肛門腺処置の時期なので、それも診てもらおうという話に
なりました。

その日は月曜日、そして急に寒くなり始めたということもあり、
体調を崩したコが多く診断に訪れていて、診察まで少し待ちました。
そして院長のダンナさまでなく、同じく獣医師の奥さまと獣看護師の方が
爪切り&肛門腺処置をしてくださいました。
そして奥さまに先日見つけた気になることを診察・検査してもらいました。

病院をあとにして信玄堤公園をお散歩しているお昼過ぎに病院から
検査結果の連絡があり、午後の診察も予約でいっぱいでしたが、
合間に入れていただけることになり、夕方再度通院、
院長の診察に訪れることになりました。

さらに夕方に連絡があり、車の渋滞で予約時間に遅れる方が多いので
近くにいるようでしたらすぐにでも診察出来るとのこと、
すでに近くまで来ていたのですぐに病院を訪れました。

そして院長の診察…
来週の月曜日の術前検査、それまでの間は術前投薬、
そして翌日火曜日手術することになりました…

*20日(月)夜から27日(月)夜まで7日間分、朝晩術前投薬
(27日(月)術前検査のため絶食・絶水、朝投薬なし)


■11月21日(火)お散歩おやすみ


a0291132_12563863.jpeg
マロンとピグレットとお昼寝


■11月22日(水)お散歩おやすみ

■11月23日(木)お散歩60分

■11月24日(金)お散歩50分/雪が舞って

a0291132_12573545.jpeg
スヤスヤお昼寝


■11月25日(土)お散歩65分

■11月26日(日)お散歩65分

a0291132_12590641.jpeg
マロンと池に映る木々とクルミの殻と


■11月27日(月)信玄堤公園お散歩15分/9時・16時50分通院

この日は前日0時までに食事を終えて、当日7時までにお水を終えて、
術前検査終了まで絶食絶水です。

通院前に信玄堤公園を15分ほどお散歩しました。


a0291132_10582869.jpeg
マロン、朝早くて寒くない?

a0291132_10592087.jpeg
日が高くなり始めて

a0291132_11002062.jpeg
桜並木の影

a0291132_11003439.jpeg
釜無川と山々


信玄堤公園をあとにして、病院を訪れ、マロンを預けました。

明日以降の予定を聞いて、マロンと一緒に訪れたかったのですが、
もし急な変更で行けなくなるとと思い、検査終了のお迎えまでの間に、
夫とふたりで武田神社を訪れ、参拝と絵馬を奉納、
山梨護国神社を訪れ、参拝とペットお守りをいただきました。


a0291132_11084265.jpeg
武田神社

a0291132_11101010.jpeg
紅葉とお堀と

a0291132_13023546.jpeg
武田神社手水舎

a0291132_11090966.jpeg
武田神社本殿

a0291132_13082531.jpeg
山梨護国神社

a0291132_13090250.jpeg
本殿へ

a0291132_13094250.jpeg
山梨護国神社本殿


気持ちを落ち着かせようといつものおやすみのように過ごそうとしても、
いつも一緒にいるマロンがいない。

いつもなら一緒にお散歩してるのに、
車でお留守番をしてもらっていたら車に戻ったらいるはずなのに、
マロンがいないおやすみはとても寂しいです。

この一週間、マロンの病気のことを調べたり、
マロンはどうなってしまうのだろうと不安や心配、吐き気や哀しみに襲われながら、
今までマロンと過ごした日々や出来事を次々と思い出しては、
これからも続いていくことと思い、願いました。

参拝を終えて夕方のお迎えまで、甲府周辺でお買いものやランチを済ませて、
夕方はカフェで静かに過ごしました。


■11月28日(火)甲斐市役所お散歩15分/10時・17時40分通院

この日も前日0時までに食事を終えて、当日7時までにお水を終えて、
手術当日なので一日絶食絶水です。

通院前に甲斐市役所内竜王北部公園を15分ほどお散歩しました。

甲斐市役所内竜王北部公園をあとにして、病院を訪れ、マロンを預けました。
前日同様、甲府周辺でお買いものやランチを済ませて、
夕方はカフェで静かに過ごしました。


a0291132_13204934.jpeg
Fluunt KOFU

a0291132_13210494.jpeg
今日はお天気がよくて暖かいから
マロンがいるようにテイクアウトして舞鶴城公園でランチ

a0291132_13212925.jpeg
昨日も今日もお天気がよくて
本当ならマロンと一緒にお散歩してるはずなのに


甲府駅近くにいるとき、14時30分頃に先生から連絡があり、
13時頃に開始した手術が無事終わりましたとのこと、
術後の経過次第で、今日は入院か、お家に帰れるか、
夕方の通院時に判断するとのことでした。

少しだけホッとしたような、まだまだこれからという気持ちと複雑でしたが、
でも無事手術が終わってよかった、早くマロンに会いたい気持ちでいっぱいでした。

夕方の通院までカフェで落ち着くように過ごしつつ、
マロンの話をしました。


a0291132_13215506.jpeg
寺崎COFFEE

a0291132_13221594.jpeg
2階へ

a0291132_13225193.jpeg
よかった、少しだけ安心して

a0291132_13230687.jpeg
温かいカフェラテで落ち着かせて

a0291132_13232206.jpeg
夫は濃いめのアイスコーヒーを


夕方の通院で手術の内容と術後の経過を話してもらいました。
混雑していて予約時間がかなりおしていましたが、
病院を訪れるなり、奥からクゥンクゥンとずっと鳴き声、泣き声が…
確かにマロンの声でした。痛いのかな、苦しいのかな、心配が止まりませんでした。
マロンはどんな姿なんだろう、今夜は入院なのか、連れて帰れるのか、
とにかくマロンに会いたいという気持ちでいっぱいでした。

1時間弱の時間が過ぎて診察室に呼ばれて、先生から説明を受けました。
PCの画面で手術の様子や摘出されたマロンの身体の一部を見せてもらったときは、
確かにマロンの身体の一部だと思われるものを目にして震えて涙が出ました。

そして先生がマロンを連れて来てくださると、
興奮したマロン、元気なマロンがそこにいました。
さっき外した点滴の包帯を取ろうとしましたが、マロンが動いてしまい、
また出血してしまったので、再度包帯をして、
私たちが帰宅後に取ることになりました。

夫とふたり、横たわるマロンも想像していましたが、わんこはすごい、
マロンはすごいと思いました。
痛み止めも投与されていて、そのあとの10日間の痛み止めなどの投薬で、
痛みは感じていないのかな?それならそうでいいのかも知れないと思いました。

帰宅の途に着いてからの1時間もずっとクゥンクゥンと鳴き続け、
ふと眠ったと思ったら起きてまたクゥンクゥン…
病院をあとにして、私たちに会えて安心したのかと思っていましたが、
クゥンクゥンは止まりませんでした。
そして自宅に帰ってもクゥンクゥン…
え、もしかして…もちろん手術だったり、私たちと離れたりというのもありますが、
何と「ご飯が食べたい。」という仕草、でも手術当日は絶食絶水、
マロン、明日まで待ってねと言い聞かせて眠りにつきました。


■11月29日(水)9時30分通院

この日は夫が午前中お仕事をおやすみして通院しました。
傷口の確認と包帯交換です。


a0291132_13372047.jpeg
マロン、ゆっくりやすんでね

a0291132_13373819.jpeg
夫が帰宅
家族一緒を大切にするマロン


*29日(水)朝から12月8日(金)まで10日間分、朝晩術後投薬


■11月30日(木)

a0291132_13385488.jpeg
痛々しいマロン
でもお家の中ではいつものように過ごして


■12月1日(金)

a0291132_13421924.jpeg
マロン、ポカポカしてね

a0291132_13431020.jpeg
月が綺麗な夜


■12月2日(土)10時10分通院

この日も夫が午前中お仕事をおやすみして通院しました。
傷口の確認と包帯交換です。


a0291132_13440099.jpeg
帰宅すると術後服、エリザベスウェアが届いていて

a0291132_13443870.jpeg
マロン、エリザベスウェアはどう?


■12月3日(日)


a0291132_13474485.jpeg
マロン、ポカポカお昼寝


■12月4日(月)

この日は普段のおやすみ、北杜市白州町を訪れ、
道の駅はくしゅうでお買いもの、七賢でお水を汲んで、
帰宅してからは、それまでの日々マロンの側にずっといましたが、
久しぶりに夫とともに3時間ほどお庭DIYをしました。


■12月5日(火)


a0291132_13563881.jpeg
マロン、安静にね


■12月6日(水)


a0291132_13543111.jpeg
マロンと光と影と

a0291132_13555370.jpeg
マロンと影と

a0291132_13560768.jpeg
この日姉から届いた荷物の中に
姉の手編みのワンピースが

a0291132_13562010.jpeg
この日いただいたスワッグ


■12月7日(木)9時40分通院


この日も夫が午前中お仕事をおやすみして通院しました。
傷口の確認です。


a0291132_14001941.jpeg
マロン、お疲れさま


■12月8日(金)


a0291132_14022493.jpeg
マロン、調子はどう?

a0291132_14012984.jpeg
この日は夕方から雪になって

a0291132_14023740.jpeg
うっすら一面真っ白に



■12月9日(土)


a0291132_14041306.jpeg
マロン、ソックスどう?


■12月10日(日)


a0291132_15084409.jpeg
マロンとクリスマススワッグと

a0291132_15090142.jpeg
おすましマロン

a0291132_15092214.jpeg
ポーッとマロン

a0291132_15093741.jpeg
ネムネムマロン

a0291132_15095022.jpeg
おやすみなさい


マロンの病気発見から今日で3週間が経ち、また来週通院です。

お散歩は11月27日(月)・28日(火)の各15分ほどの短い朝のお散歩以来、
ずっとおやすみ、ドクターストップです。

これからは運動制限も、続けて吠えることがないようにとも言われています。
元気なマロンをストレスなく、身体に負担なく、
今までのような感覚でどう過ごしていけるか、
マロンの身体と心を一番に考え、家族みんなのことを考え、
これからの私たち小さな家族の過ごし方を考えていきたいと思います。

今回は12月2日(土)の東京・実家行きを延期しました。
12月はいろいろと用事があり東京に行く月でもあり、
12月3日(日)・4日(月)と北海道・室蘭から友人夫妻が東京に来るので、
ほかの友人も合わせて6年ぶりに再会予定でしたが実現出来ませんでした。

それでもずっとマロンのそばで様子を診て、見て、いられたことは、
マロンにとっても私にとっても、夫にとってもよかったと思います。

マロンの術後は私はマロンの心配のストレスと疲れからか、
自分の入院・手術、そして退院後に長期間悩まされたたくさんの口内炎、
今回のマロンのことでも2、3個ですが出来てしまいましたが、
その大きさからか、出来た箇所からか、今までにない痛みが1週間ほど続きました。

それにしても私は同じように午後に手術、
当日夜は夜勤の看護師の方が1時間毎に様子を診てくださり、
術後丸一日以上自力では動けませんでしたが、
マロンは術後、麻酔から覚めて数時間後には自分の足で歩くことが出来ました。
動物の本能、生きる力はすごいと感じました。

2008年10月15日山梨生まれのマロン、
2009年1月頃に出会い、3月2日に我が家の家族になり、現在9歳2か月。

私たち人間よりも5、6倍早く時間が過ぎていくわんこたち、
人間の3歳くらいの知能を持ち、心はずっと子供のような可愛らしいまま、
その愛らしさ、愛おしさ、わんこが、マロンが大好きです。

子供の頃から動物が好きで、猫、うさぎ、セキセイインコ、
ヘキ鳥、キンパラ、金魚など様々な動物とともにしました。

子供の頃は私がインコ係、姉がうさぎ係など役割分担もありましたが、
まだまだ自分にこともままならない子供時代、
母にセキセイインコの飲み水は毎日替えるように、
かごの下に敷いた紙は汚れてきたら替えるようになど、
いろいろと教えてもらいましたが、きちんと出来ずに、
母がすることも多かったと思います。

それでも動物たちをお世話するいろいろなことから、
うさぎのご飯を父と近くの空き地にたんぽぽを取りに行ったり、
母とお買いもののついでに、八百屋さんでキャベツなどの外側の葉を
もらったり、そのようなことを通して、動物たちを育てること、
大切にすることを学んで、大人になって出来るようになった気がします。

学校帰りに野良猫を見つけては、着いて来るようにして、
母に「着いてきちゃった。」と言って我が家に迎えたり、
学校でうさぎがたくさん生まれて自宅で飼える人に渡すと言われれば、
母に「学校でうさぎがたくさん生まれて、飼える人に渡してくれるんだって。」
と言って我が家に迎えたりしました。

いけないことですが、当時は猫は我が家の周りに放し飼い状態、
両親ともに、特に父は猫を家の中で飼うのは嫌だったような気がします。
また私がアレルギー体質だというのもあるかも知れません。
それでも父が先に2階で就寝すると、母とこっそり猫の足を拭いて、
家の中で遊んだりしていました。

最近、お風呂に入っているとミャーミャー声がしない?という話から探して見ると、
飼っていた猫が、家の裏で仔猫を産んでいて、母猫と仔猫3匹の家族に。
迷いうさぎを見つけて、父のお手製のうさぎ小屋で我が家のうさぎと一緒に保護、
飼い主さんが見つかり、しばらくしたのち仔うさぎ3匹が生まれて。
最初にうさぎは父の実家から迎えたので、仔うさぎは父の実家に帰るときに
一緒に連れて行って、広い場所でのんびりゆったり暮らしてもらいました。

犬については縁がありませんでしたが、ずっと気になる存在でした。
学校帰りに吠えられたりして怖い思いもありましたが、
わんこを家族に持つお友達の家に遊びに行って、触らせてもらったり、
お散歩させてもらったりしました。

その当時から、まだ少し怖いというのと、自分がアレルギー体質というのと、
それを考えてなのか、毛の短い小さな犬が飼いたい、
今でいうとスムースチワワのようなわんこを想像していたと思います。
そして何より一緒にお散歩したいと思っていました。

私が山梨に来たのは2008年9月25日、
東京からそれほど離れていない場所ですが、仕事も退職して、
大勢の方々と関わることがなくなり、反面時間に余裕が出来たり。
そして東京を離れた寂しさ、その反面山梨に来た楽しみもあり、
また動物を家族に迎えたい、まずは鳥かな?とペットショップを訪れました。

2009年1月頃だったと思いますが、鳥を見つつ、犬や猫を見ていると、
目を奪われるほどかわいい仔犬を見つけました。それがマロンでした。
チワワ、そして初めて耳にするミニチュア・ピンシャーとのmix犬、
優しい茶色の被毛をしていて、「あ、マロン。」とすでに呼んでいました。

当時3か月ちょっとのマロン、
小さなスペースにつまらなさそうに眠っていたり、
おもちゃで遊んだりしていました。
最初はそんな気持ちがなかったからとそのまま帰りましたが、
マロンのことが忘れられませんでした。

2回目に訪れたときは、小さなケージからマロンを出してもらい、
触らせてもらい、抱っこさせてもらおうと思いました。
店員の方が連れて来ると、それまで大人しそうに眠っていたのに
何だかすごい元気いっぱい。
夫が抱っこさせてもらうと、昔のとあるホテルのCMのように、
夫の腕の中で生きのいいお魚がバチャバチャ騒いでいるような感じで、
夫のあご髭をブチブチ噛んでいて、私はビックリしてほとんど触れませんでした。
それでも今までたくさん触れていた猫やうさぎの被毛より少し固いと
思ったりしました。

3回目に訪れたときは、私も抱っこすることが出来ましたが、
やはり生きのいいお魚状態、
その当時、私はおだんごヘアだったので、
夫のあご髭のようにブチブチ噛まれませんでしたが、
我が家の家族になってから髪を下ろしているとブチブチ噛まれました。
そんなマロンがもおかしくて、かわいくて、
マロンは忘れられない存在になっていました。

それでも命を預かるということもあり、
夫は子供の頃に実家で犬を飼っていましたが、私は初めて、
ちょうどそのあと北海道を訪れる予定があり、
帰宅後、マロンを家族に迎えよう、迎えたいと決心しました。

マロンはまだいるかなとすごい不安になりましたが、
4か月半のマロンは私たちを待っていてくれました。

初めて出会ったときからずっと可愛らしさが増していき、
通じ合えることがたくさん増えていき、
マロンは夫と私、そしてマロンという小さな家族の確かな一員となりました。

そして思い起こせば、子供の頃に犬がまだ少し怖いかったり、
アレルギー体質の私にでも飼えるのかなという、毛が短くて小さな犬、
まさにマロン、そのものでした。

私のアレルギー体質は子供の頃からで、クレヨンでかぶれたり、
動物と接してくしゃみが出たり、目が赤くなったりなどしました。

山梨に来て、2回目の秋、2009年の秋には軽い呼吸困難を起こして、
呼吸器科から耳鼻科へ辿り着き、副鼻腔炎と診断されました。
アレルギー体質の上に、鼻中隔の湾曲があり、余計にトラブルが起こりやすく、
数項目のアレルギー診断では、アレルギー体質は中の上、
5段階のうち、花粉が一番強く1段階、犬とカビが3段階、
ハウスダストが5段階と立派なアレルギー体質とあらためて診断されました。

私が山梨に来て9年3か月、マロンを我が家の家族に迎えて8年9か月、
基本的に週6日仕事に出掛ける夫以上に、マロンと一緒に過ごす時間は多く、
家族であり、友達であり、妹であり、娘であり、最高のパートナーです。

何かのアレルゲンで起こる身体のアレルギーより、
マロンがいないことて起こる心のアレルギーの方が強く、
もちろん、きちんと気をつける部分もありますが、
マロンがいることが一番の幸せです。

仔犬に頃は東京・実家にもよく連れて行くくらい一緒にいました。
ひとりと1わんの東京・実家の移動手段は高速バスだったり、特急だったり、
でもだんだん大きくなり、車内のガサガサ袋を開ける音に、
自分のおやつと思い、おやつが欲しいと「クゥン。」とか「わん!」と
鳴くようになり、電車では指定席を取ってもほとんど連結部分にいたり、
私自身、乗り物酔いがあり、またマロンが少しずつお留守番が出来るようになり、
私がひとり東京・実家に行くときには、夫のおやすみと重ねたり、
おやすみを取ってもらったり、半休してもらって、
家族一緒が大好きなマロンのひとりでのお留守番時間が長くならないように
しています。

今までもこれからもマロンとの時間、家族との時間を
大切に過ごしていきたいと思います。

最後に検査や手術、投薬、そして大好きなお散歩を何か感じていて、
我慢してくれているマロンに、お疲れさまとありがとうを。

マロンのためにおやすみを取ってくれたり、
午前中おやすみを取って、自宅のある北杜市から病院のある甲斐市へ、
そしてまた自宅のある北杜市へ送り届けてくれてから
勤務先である実家の南アルプス市へ、そしてまた自宅のある北杜市へ帰宅してと、
マロン、家族のためにがんばってくれている夫に感謝しています。

そして直接マロンのことを話すことが出来て心配してくれた、
母と姉、そして6年ぶりの再会は出来なかった友人、
そのほかのみなさまに感謝しています。

さらに私が発見したマロンの異変を最初に診察してくれて、
院長のダンナさまに早急にと引き継いでくれた獣医師の奥さま、
そして執刀医してくれた獣医師のダンナさまに感謝しています。

心の中をいろいろなものが巡って、書ききれたような、そうでないような、
まとまりがない部分もあるかと思いますが、
長文も含めて読んでくださり、ありがとうございます。







by marron_m_1015 | 2017-12-10 17:27 | 家族